白アリ駆除・ゴキブリ駆除・害虫駆除のことならイーストアジア・コーポレーションへ

< サイトマップ >

白アリ駆除と白アリ防除に使用する
薬剤(ヘキサフルムロン)の安全性

 白アリ駆除の従来工法(薬剤散布工法)は人や犬・ネコ、自然環境への影響が心配されましたが、米国ダウ・アグロサイエンス社が開発したセントリコン・システム(ベイト工法)の白アリ駆除と防除に使用する薬剤(ヘキサフルムロン)は、必要最小限の薬剤を使用するだけで今までほとんど不可能だった白アリのコロニー(巣)ごと根絶を実現した、環境に優しい住まいを守る画期的な白アリ駆除方法です。
 このベイト工法は、不必要な薬剤を一切使用せず環境への放出を最低限に抑えた、薬剤の効率と安全性の高い白アリ駆除工事施工のシステムです。この環境に優しい白アリ駆除・予防・対策の施工方法が最大の特徴と言えます。

TM  ダウ・アグロサイエンス商標


環境汚染防止対策でのセントリコン™・システムの主な特徴

モニタリング(建築物周辺におけるシロアリの生息と活動状況の定期的な確認調査)の段階で、建築物周辺に白アリの生息が確認されず、当面シロアリにより被害を受ける危険性がないと判断した場合は、薬剤は一切使用しません。この場合、定期的なモニタリングを継続的に行います。

白アリ駆除・防除を目的としてベイト剤(エサのように調整したヘキサフルムロンをしみ込ませた薬剤)を設置するのは、モニタリングの結果シロアリの生息が確認され、建物がシロアリにより被害を受ける危険性があると判断した場合に限られます。また、ベイト剤の設置箇所は、モニタリングの際にシロアリの生息が検知された箇所に限定し、ベイト剤の使用量(設置数)を最小限に減らすことができます。
白アリ防除効果が確認された時点(通常投与後約2〜3ヶ月必要)で設置したベイト剤すべてを回収できるため、環境中に残る薬剤はほとんどありません。
      (白蟻が摂取する薬剤量は1物件あたり有効成分量としてわずかに1グラム程度以下で、その分が環境中に残る可能性があると言えます。ただし、白蟻の体内に摂取された薬剤は速やかに分解されるために、現実的にはほとんど環境中に薬剤が残ることはありません。)
防除効果確認後に回収したベイト剤は、供給メーカーであるダウ・ケミカル日本(株)ダウ・アグロサイエンス事業部門が責任をもって焼却処分を行うため、回収された薬剤による環境汚染の危険性は極めて低いと言えます。
セントリコン™・システムを使った白アリ防除に携わる施工業者(認定オペレーター)は、ダウ・アグロサイエンスの定める審査基準にパスした白アリ防除会社であり、また定期的に開催される研修セミナーに参加し、試験にパスした担当者のみに使用が許されています。
セントリコン™・システムの有効成分であるヘキサフルムロン(薬剤)は、昆虫の皮膚、外骨格の主成分のキチンの合成を阻害する昆虫成長制御剤であり、哺乳類・魚類等に対する毒性が低く、管理方法の特性とも併せて、セントリコン™・システムを作業者・居住者はもちろん、一般環境にも極めて安全性の高いものです。

米国環境保護局より「環境栄誉賞」を受賞

ベイト剤(製剤)とは

ベイト剤は、セルロースを基剤として0.5%(w/w)のヘキサフルムロンを浸み込ませています。有機溶剤、界面活性剤などは一切含有していません。
紙状のセルロースに浸み込ませてあるため、薬剤の飛散がありません。
平均的なシロアリ(白蟻)のコロニー(巣)の駆除に必要なベイト剤の量は、200グラム以下です。
平均的なシロアリ(白蟻)のコロニー(巣)の駆除に必要なヘキサフルムロン量は、1グラム以下です。
ヘキサフルムロン(薬剤)の安全性データ

■哺乳類への影響

 急性毒性  経口  5000mg/kgまで致死性なし
 経皮  2000mg/kgまで致死性なし
 吸入  7mg/Lまで致死性なし
 眼刺激  24時間以内に収まるわずかな赤み
 皮膚刺激  無し
 皮膚感作  無し

■生殖性および変異原性

 染色体への影響  無し
 催奇形性(さいきけいせい) 
 催眠薬サリドマイドなどにみられる。奇形を生じさせる性質。
 無し
 繁殖性試験(ラット)  有害な影響無し

■発癌性

 発癌(はつがん)性物質ではない

■鳥類への影響

 コリンウズラ  反復投与  LD50(半数致死量)=900mg/kg((5日間経口)
 急性  2000mg/kgで致死性無し
 マガモ  反復投与  5200PPM(5日間経口)で致死性無し
 急性  2000mg/kgで致死性無し

■魚類への影響

 ブルーギル  100ppmで致死性無し
 ニジマス  500ppmで1匹死亡
 (LC50:半数致死濃度はヘキサフルムロンの水への溶解度の1000倍以上)

■水性動物への影響

 甲殻類(ミジンコ)  EC50(50%有効濃度)は0.1ppb

■環境内での動態

 土壌での浸透性  50cmの模擬雨で無し
 土壌への吸着  地中の有機物と強く結合(Koc5337-70877)
 水溶性  18℃で2.7×10-5g/L (27ppb)
 蒸気圧  5.87×10-9Pa (25℃)

※地下シロアリ防除用の処方及び使用法では、環境に対する悪影響はありません。
※ppb :濃度を表す単位で、part per billion (10億分の1)の略。
※Pa :圧力の単位で、pascalの略。1気圧は1013.25ヘクトパスカル(hPa)。

< シロアリ駆除のトップページに戻る > 

FAXで、白アリ被害の無料調査と見積りを依頼する。 >
<
シロアリ駆除の無料調査から施工までの流れ(フロー) >
< セントリコン・システムと従来の施工方法との比較(利点と問題点) >
  < 全国・世界のセントリコン・システムの施工事例一覧 >
< ヤマトシロアリ駆除の施工実例/個人住宅 : イエシロアリ駆除の施工実例/お寺 >
< イエシロアリ駆除の施工実例/体育館 : イエシロアリ駆除の施工実例/街路樹 >