ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・害虫駆除のことならイーストアジア・コーポレーションへ

ゴキブリ駆除の費用 ゴキブリ駆除コントロールシステムとは 無料調査申込書(FAX用紙) < サイトマップ >
ゴキブリの何でもかんでも!! 無料調査から施工までのフロー 会社概要 トップページへ戻る
ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・害虫駆除の工事施工地域/大阪府・和歌山県・静岡県

株式会社 イーストアジア・コーポレーション(ダスキン事業部)

担当地域:大阪府 谷町店 0120-422-262
担当地域:和歌山県 有田中央店 0120-100-592

ゴキブリ駆除・害虫駆除・・・ダスキン特約店
<飲食店舗・工場・家庭・・・>

ゴキブリ・ノミ・ネズミ・ダニ・シロアリ・ユスリカ・ハエ/湿気コントロール・床下換気、等々


ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・害虫駆除の問合せは対応エリアの各事業所まで!

 株式会社イーストアジア・コーポレーション(ダスキン事業部)は、ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、ダニ駆除など害虫駆除の施工業者として、大阪府・和歌山県・静岡県を営業エリアに、ダスキンの持つゴキブリ駆除のノウハウと器具及び薬剤に基づき、ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、ダニ駆除など害虫駆除の業務を行っています。
 ゴキブリは多種・多様で、卵は約1ケ月でかえるため、このゴキブリの習性を把握し、4週間毎の定期管理で複合的にゴキブリ対策を講じて根絶を図ります。このゴキブリ駆除・防除作業は、営業時間中も作業でき、なによりも安全性が高いので安心です。このダスキンのゴキブリ駆除(防除)システムは、飲食店・旅館は勿論、病院、医院、介護施設から一般家庭の住まい(住宅)までご利用になれます。
 弊社(イーストアジア・コーポレーション)は、このダスキンのゴキブリ駆除(防除)システムでゴキブリやネズミ、害虫を駆除し、また大切なあなたの飲食店や事務所、住まいへの侵入を阻止します。

ゴキブリ駆除コントロールシステム(ゴキブリの駆除・防除方法)

 ダスキンターミニックスのゴキブリ駆除のコントロールシステムは、ゴキブリに効果的なベイト剤を使用します。薬剤を散布する従来のゴキブリ駆除方法と異なり、限られた場所にごく少量のベイト剤を設置するので、短時間で作業を済ませることができます。食器類の後片付けも必要なく、飲食店などでは営業時間中も作業が可能です。
 ダスキンのゴキブリ駆除施工法は、できる限り薬剤を使用しない、安全で効果が高く、環境にやさしいゴキブリ駆除システムです。

■ゴキブリ駆除コントロールシステムのサービス価格(ゴキブリ駆除の費用)

<事業所> 50u(約15坪)までの場合 80u(約25坪)までの場合
初回料金 15,750円 22,050円
4週間サービス料金(2回目以降) 5,250円 7,350円
<一般家庭>

90u(約27坪)までの場合

初回料金 14,175円
4週間サービス料金(2回目以降) 4,725円
※価格は消費税込みです。
※土、日、祝日および早朝、深夜の作業は料金が異なります。
※場合によってはベイト剤以外の薬剤処理が必要なことがあります。

ゴキブリ駆除コントロールシステムの流れ

(1)調査・見積 ゴキブリの生態を知りつくしたプロのサービス担当者が生息ゾーンや繁殖状況を詳しく調査し、必要なサービス料金を分かりやすくご説明いたします。
(2)バキューミング 初回作業でゴキブリの生息している箇所をHEPAフィルター装着のバキュームで処理します。個体はもちろん、死がいやフン、卵などを除去します。
(3)ベイト設置 ゴキブリの習性を利用して、通り道など接触率の高いポイントに少量のベイト剤を設置します。食器類の片付け不要で、営業時間中も作業が可能です。
(4)インサイダー
   &トラップ
壁面内部にゴキブリが生息している場合は、インサイダーを設置し、壁の中へ薬剤処理を行います。また、必要箇所にローチフェロモントラップを設置し、生息確認と捕獲を行い、定期的にチェックします。
(5)定期管理 トラップによるモニタリングや目視調査により、継続的に状況を確認します。
必要に応じて、的確な処理を実施し、常にゴキブリのいない状況を維持し続けます。
 ダスキンターミニックスのゴキブリ駆除コントロールシステムは、世界最大の害虫駆除会社・米国サービスマスター社との技術提携により安全で効果の高いサービスを提供しています。

 厳しい研修をパスした技術者による駆除サービスと駆除後の定期管理オペレーションサービスで、ゴキブリのいない衛生的な環境を守り続けます。
 
■ゴキブリ駆除コントロールシステムの施工作業風景

ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真1 ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真2

ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真3 ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真4

ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真5 ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真6

ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真7 ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真8

ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真9 ゴキブリ駆除・ゴキブリ防除作業写真10

 

「ゴキブリ」に関する何でもかんでも!!

 
1.ゴキブリの種類

 ゴキブリは2億年以上前から生息し、世界で4,000種、日本で35種ほどがいます。これらのゴキブリのうち、「チャバネ」「クロ」「ヤマト」が、家屋内生息種の代表格です。
 それに近頃は、熱帯種で最大の大きさをもつ「ワモン」が、九州から関西地域に広がって家屋に住み込み、温暖化とともにだんだん北上する傾向にあります。

イ) チャバネゴキブリ
飲食店やビルに多いチャバネゴキブリ。日本全国に分布するゴキブリです。 日本全国に分布し、比較的寒い地方にも生息、特に飲食店やビルに多く、飲食店で一番よく見かけるゴキブリです。体長15ミリ〜20ミリの小型ゴキブリで、淡い茶褐色です。もっぱら屋内に生息する都市型ゴキブリで、ハネはありますが全くとべません。
 
ロ) クロゴキブリ
クロゴキブリ。日本ではチャバネゴキブリに次いで多い種です。  日本ではチャバネゴキブリに次いで多い種で、主に関東以西に生息していたが、最近生息域が北へと拡大しています。
 私達の住宅で一番多く見かけるゴキブリです。ビルや飲食店でも生息し30〜38ミリの体長で、脂ぎった光沢のある黒褐色や赤黒さから、ぞっとする人が多くいます。チャバネゴキブリに次いで、日本では多く見かける家庭での代表種です。
 

ハ) ヤマトゴキブリ

ヤマトゴキブリ。比較的寒さに強いため、北日本でもよく見られます。  屋内に生息する日本最大のゴキブリで、主に本州中西部、九州、四国に生息しています。
 比較的寒さに強いため、北日本でもよく見られる種で、チャバネゴキブリ、クロゴキブリに次いで多い。
 田舎の家でよく見かけたゴキブリです。体長20〜30ミリやや小柄の黄褐色です。日本土着のゴキブリで野生的性質を色濃くもっており、住宅地や農家で屋外・屋内出入り自由に生活しています。休眠して越冬する離れわざも持っています。

ニ)  ワモンゴキブリ

ワモンゴキブリ。日本最大のゴキブリで、主に本州中西部、九州、四国に生息している。 もともと熱帯原産のゴキブリです。体長20〜44ミリと最大のゴキブリです。九州や気温の高い限られた地域に生息していましたが、温暖化とともに関西一円は勿論鶴見でも見つかっています。低温に弱く20度以下では増殖も食事もできません。
 

 以上の代表種のほか、アメリカ原産でアメリカのほか全世界の熱帯・亜熱帯地域に分布するトビイロゴキブリが、日本の家屋内でもあちらこちらで発見されるようになりました。

2.ゴキブリの生態

イ) ゴキブリの一生と繁殖

 ゴキブリは、決して長寿ではありません。チャバネゴキブリで3ヶ月、クロゴキブリでも1年で、成虫期間の寿命がおわります。
 ただその間に、ものすごい勢いで子供を生み続け、子孫を増やしていきます。ゴキブリの種類によって差異はありますが、メスは卵鞘とよばれる15〜50ケ入った卵のかたまりを生み、これが一ヶ月程度でゴキブリの幼虫になります。この幼虫は脱皮を繰り返しながら成人したゴキブリになり、メスは一生の間になんと3〜17回産卵します。
 例えば、「卵30ケ」×「産卵10回」=300匹のゴキブリが一匹のメスから生まれます。孫の代、曾孫の代のゴキブリ総数を頭に浮かべると、目が廻ってしまいます。

ロ) ゴキブリが好む棲み家

 ゴキブリが生きていくには、次の四つの条件が必要です。

 1)暖かい所 ・・・・・・ 適温27度C程度です。
 2)食べ物のある所
 3)水のある所
 4)隠れられる所・・・・ 背中があたるような狭い隙間を好みます。

 これを私達の家庭に当てはめると次の様なところになります。
*家具が壁に
 くっついた所
冷蔵庫の裏、棚や流しの下、洗面台・・・
*家具自体の隅 食器台の引出、戸の廻り、ロッカー・・・
*薄板状が重
 なったところ
カレンダーの裏、額の裏・・・
*電気器具本体 冷蔵庫のモーター、洗濯機・炊飯器の裏、・・・
*その他 壁の空間、汚水槽の中、・・・
 
3.ゴキブリの活動と実害

イ) ゴキブリの活動のしかた

 ゴキブリは人の気配をきらい、暗いところや狭い場所を好みます。夜中の人気がなくなった頃に活発に動き始めます。長い触角を使って、食物や匂いを嗅ぎわけ、暗闇でも平気で動き回っています。
 また、集団を組んで生活する習癖を持っています。「集合フェロモン」を糞などから排出し、大人のゴキブリも幼いゴキブリも群れをなして同じ所に潜みます。ゴキブリは一般的に、群れを成している時に成長も繁殖率も上がるようです。
 その上、ゴキブリは古代から生き残り続ける生活力を持っています。それは何でも食べる名だたる雑食性によるものです。人間の食べるものはいうに及ばず、のり・紙・唾・動物の死体・動物の排泄物・汚泥などなんでも片っ端から食べます。
 ただ一つゴキブリは水がないと生存出来ません。一週間以内に死んでしまうそうです。

ロ) ゴキブリの被害

 近頃の若者はゴキブリをいみ嫌います。脂ぎった表面・細長いヒゲや脚など形が気味悪いという人、ゴキブリの生活環境からくる汚さや不衛生、体や糞から出るフェロモンなどのいやな匂いなど、さまざまです。
 しかしつぎのような実害は、捨て置けません。
 伝染病等病原体の運び屋です。ゴキブリは、トイレ・厨房・浄化槽を行き来するので、体表に付着したり、排出した糞に含まれた病原体が、食品や食器に移って人間の口に入ることになります。サルモネラ菌など、バクテリア・ウイルス・原生動物・寄生虫の卵などです。ゴキブリからは、40種類ほどのバクテリアが検出されるといわれます。
 アレルギーの抗原になります。ゴキブリの体液・死骸・糞を吸い込んだり、接触するとこれがアレルゲンとなって、アレルギー症の原因になることが分ってきました。接触するだけで、喘息や皮膚炎を引き起こす事例もあるそうです。
 食害や機械の故障も起こすことがあります。ゴキブリは、食品はいうに及ばず、書物の背表紙・人間の垢や衣類・髪の毛・皮革類等も食べます。このため大事な絵画や掛軸も食べられたりする恐れもあります。
 また、ゴキブリは暖かい部位が好きで、飲食店のDVD機器や炊飯器の隙間に入り込み、接触不良や漏電を引き起こすこともあり、注意が必要です。
 運悪く食品や飲食物にゴキブリが混入することがあります。巣くっているゴキブリが多いほどその確率が増えます。個人家庭ではともかく、レストランなどでの提供食品にゴキブリが混入すると、衛生環境への信用に大きな影響を及ぼしかねません。
 ゴキブリはまた独特の悪臭があります。生息数が少ない時は、それ程感じませんがゴキブリが多くなると敏感な人には容易に感知できるようになり、飲食店等では常に注意する必要があります。
4.ゴキブリ駆除(退治)の方法

 ゴキブリは、太古の昔から生き残るほど生命力が旺盛です。対抗する人間も色々と知恵をしぼっていますが、なかなか手ごわい相手といえましょう。どんな薬剤を開発しても、またたくまに抵抗出来る体質を身につけます。したがって、出来るだけベターな方法で、少数化するするのが現在の対策です。
 主に、次の方法を複合的に進めるのが通例です。

イ) ベイト・システム(薬剤を食べさせる方法)

 ベイト(ゴキブリにたべさせるジェル状の薬剤)をゴキブリが食べそうなところに設置して、随時食べさせて駆除(退治)する方法です。
 ゴキブリが巣を作ったり集まる隙間や機械の裏隅に、ベイトガンを使って一箇所米粒大(0.03g)のベイトを10cm間隔に設置します。壁の中に巣くっている場合は、インサイダーで穴を開けてベイトを注入します。(消去・別項目)
 ただこのシステムの特徴は、事前にバキュームを使って、生みつけられた卵鞘やゴミ、生きたゴキブリも出来るだけ吸い取り、環境を整備してベイトを設置することです。
 対策後は、トラップ(フェロモン付きワナ)でゴキブリの残留チェックと残党退治をします。

ロ) 液剤による残留処理システム

 乳剤・油剤・粉剤等を割れ目や隙間或いは通り道にスプレーで撒いておき、この薬剤をゴキブリが脚につけて口に運んだり、舐めたりして体内にとり込ませる方法です。
 原理としては、ベイトによる方法と大きな違いはありませんが、液体は熱や水で分解されやすいので、場所によっては効果時間が短くなります。大事な家具をスプレーで汚す場合は注意が必要です。

ハ) インサイダー設置による封鎖箇所の薬剤処理システム

 壁の中に生息しているゴキブリの退治方法(手段)です。壁の中に電線や配管が設置されておりゴキブリだけが往来できるような場合に起こります。
 ドリル等で穴を開けてインサイダーで整備し、スプレーでガス状薬剤を吹き込み充満させます。この結果、ゴキブリは追い出され、上記イ)やロ)のシステムにはまります。

 この他、トラップ(わな)システムや空間処理システムも行なわれます。
 トラップシステムは、生きて活動しているゴキブリを食物やフェロモンでおびきよせ、粘着シートにくっつけて退治する方法です。家庭での少数ゴキブリ退治や対策処理効果の測定に使われます。
 空間処理システムは、逆に部屋全体を密閉してガス(煙霧、ミスト等)を充満させてゴキブリを退治する方法です。動かせない置物などが多く、隙間処理が十分行なえない時などに行なわれます。ただ保護具の着用が必要で、建物の目張り、ペットや鑑賞魚の隔離、食物や食器の覆いなど大がかりの準備体制が必要になり、一般的ではありません。

■無料調査から施工までのフロー  <ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・害虫駆除>

ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・害虫駆除の無料調査から施工までのフロー

ゴキブリ駆除についてお気軽にご相談ください。
ダスキン特約店 イーストアジア・コーポレーション
フリーダイヤル:  0120−507−065
FAX:  073−422−3229

株式会社 イーストアジア・コーポレーション 


会社概要

創立:平成11年7月5日  資本金:4000万円   代表取締役社長:井上量一
本社 和歌山市小松原通り1−1−7 サンケイビル内
石油会社・東燃株式会社の潤滑油部門を担当する関連会社で、昭和24年に設立された東亜ドラム油業株式会社が前身。平成11年に分社・独立。現在、電池事業部、運輸事業部、スポーツ施設事業部、まろの郷事業部、ダスキン事業部の5事業部、従業員総数400余名を擁する和歌山県の中核企業。

 

関西と東海エリアのシロアリ駆除施工…イーストアジア・コーポレーション ダスキン事業部

1.株式会社 イーストアジア・コーポレーション ダスキン事業部(和歌山市)

〒640-8269 和歌山市小松原通1−1−7 サンケイビル内
TEL 073-422-3227  FAX 073-422-3229
ホームページ http://www.eastasia.co.jp

2.ダスキンターミニックス  谷町店(担当地域:大阪府)

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目16−23
 TEL0120-422-262  FAX 06-6599-9886
大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区) 堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区) 岸和田市 豊中市 池田市 吹田市 泉大津市 高槻市 貝塚市 守口市 枚方市 茨木市 八尾市 泉佐野市 富田林市 寝屋川市 河内長野市 松原市 大東市 和泉市 箕面市 柏原市 羽曳野市 門真市 摂津市 高石市 藤井寺市 東大阪市 泉南市 四條畷市 交野市 大阪狭山市 阪南市 島本町 豊能町 能勢町 忠岡町 熊取町 田尻町 岬町 太子町 河南町 千早赤阪村

3.ダスキンターミニックス  有田中央店(担当地域:和歌山県)

〒649-0311 和歌山県有田市辻堂5
TEL 0120-100-592  FAX 0737-82-5255
和歌山市 海南市 橋本市 有田市 御坊市 田辺市 新宮市 紀の川市 岩出市 紀美野町 かつらぎ町 九度山町 高野町 湯浅町 広川町 有田川町 美浜町 日高町 由良町 印南町 みなべ町 日高川町 白浜町 上富田町 すさみ町 那智勝浦町 太地町 古座川町 北山村 串本町

この画面の先頭に戻る。

< シロアリ駆除のトップページに戻る >


< FAXで、ゴキブリ・害虫被害の無料調査と見積りを依頼する。 >