シロアリ駆除(白蟻・白アリ・しろあり)のことならイーストアジア・コーポレーションへ

< サイトマップ >

実例 和歌山県和歌山市:K邸

ダスキンベイト方式でシロアリ駆除を施工した個人住宅

シロアリ駆除を施工した個人住宅のセントリコンシステム設置箇所 

個人住宅のヤマトシロアリ駆除・防除

シロアリ駆除を施工した個人住宅のセントリコン・ステーション配置図

 

所在地 和歌山県和歌山市
建築方法 木造
床下面積 240u
物件概要 建物の周囲全てが、庭木でおおわれており、北側には空家が隣接している。
被害概要 建物にシロアリの被害はなかったが、お隣の空家等が気になったため予防を行った。
施行開始日 平成11年9月2日
施行方法 セントリコン™・システム

「セントリコン」はダウ・アグロサイエンス社のトレードマークです。

セントリコン™・ステーション設置状況 建物の周囲並びに庭の植え込みにセントリコン™・ステーションを30本設置。
施行過程  
  セントリコン™・ステーション設置後、モニタリング(点検)を継続したが、問題なし。
平成16年9月9日 ステーション1箇所にヤマトシロアリの活動が見られたため、ベイト剤を設置。
平成16年10月12日 ステーション内のヤマトシロアリがベイト剤を摂取中。
平成16年11月12日 ステーション内のヤマトシロアリがベイト剤を摂取中。
平成16年12月11日 ステーション内のヤマトシロアリの動きが鈍く、ベイト剤の摂取量が少ない。
平成17年3月10日 上記より変化なし。
****冬になり気温が下がったため、ヤマトシロアリの活動が鈍く、ほとんど、ベイト剤を摂取しない常態で冬を越す。その間の家屋へ加害は、ベイトの摂取と同じくほとんど進行しない。
平成17年4月11日 暖かくなったため、今までじっとしていた、残りのヤマトシロアリが活動を開始しベイト剤を摂取開始。
平成17年5月11日 ヤマトシロアリの絶対数が少なかったため、ステーション内にシロアリが見えなくなった。
その後の経過 再びモニタリング(点検)に移行した後、新たな活動は未だ認められない。

   

<「全国・世界のセントリコン・システムの施工事例一覧」のページに戻る>

< このページの先頭に戻る >


< シロアリ駆除のトップページに戻る >
< イエシロアリ駆除の施工実例/お寺 >
< イエシロアリ駆除の施工実例/体育館 >
< イエシロアリ駆除の施工実例/街路樹 >